menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

娘さんの婚約者に借金があるか否かを調査する4つの方法

娘さんの婚約者に借金があるか否かを調査する4つの方法

娘さんがそろそろ結婚となると、相手の男性のことが気になるのは親御さんとしては当然の心情かもしれません。

結婚相手の男性の金遣いが荒く、多方面から借金をしているのではないかと不安で仕方ないという場合は、以下の4つの方法で調べることができます。

1.信用情報機関で情報開示を行なう

信用情報調査機関で情報報開示を行なうと、消費者金融やクレジット会社等との契約内容や支払いの状況などを確認できます。

確認できる情報件数は、クレジット情報や申し込み情報、利用の記録など各50件ほどです。

情報開示を行なうには契約者本人の申し込みが必要となるため、本人に情報開示の手続きをしてもらうことになります。

本人に手続きをしてほしいと依頼することで、借金がないという潔白を示してもらう、現在の借金の額を明らかにする、借金癖の有無を確認する等の判断ができます。

このような依頼をすることで「プライバシーの侵害だ」「私を疑っているのか」などの反発を受ける可能性もありますが、その際の反応を踏まえた上で結婚の是非を問うという方法もあるでしょう。

2.カードや通帳で確認する

本人に知られずに借金の有無を調査したい場合は、結婚相手が所持するクレジットカードや通帳から借金について把握するという方法があります。

クレジットカードを一般的な常識の枚数以上所持している場合は、多方面から借金をしている多重債務者である可能性もあります。

預金通帳の記録からも、お金の流れをある程度把握できます。

もちろんクレジットカードを複数所持しているというだけで、借金を抱えているとは限りません。

仕事上の付き合いでカードを作っただけ、万が一に備えて所持しているだけ、というケースもありますので、カードと通帳の両方から借金について判断するといいでしょう。

3.毎月決まった日にかかる電話

カード会社からの借入を滞納している場合、毎月支払い日前日から当日にかけて、催促の連絡が入ることがあります。

その時期の電話の対応から借金の可能性を推測することができ、何度も呼出音が鳴っても着信を無視しているなら赤信号かもしれません。

結婚相手の携帯電話の履歴を確認できるのであれば、番号から割り出すことも可能でしょう。

自分以外の第三者の携帯電話の履歴を勝手に閲覧するのはマナー違反ですので、その点を充分考慮した上で判断してください。

4.新規でクレジットカードに申し込む

上記で紹介した調査の仕方がすべて不可能な場合は、結婚相手の名義で新規のクレジットカード申請を行ってみましょう。

すでに借金を抱えている人の場合、審査で引っかかる可能性が高くなります。

申請後の結果を受けて、借金の有無を判断しましょう。

この方法もプライバシー侵害になる可能性がありますので、その点を充分考慮した上で判断して行動してください。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事