menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

娘を結婚詐欺に遭わせないための3つのチェック方法

娘を結婚詐欺に遭わせないための3つのチェック方法

あなたの娘さんが結婚詐欺に遭ったら、一体どうしますか?

娘さんの結婚相手の素性を知りたいという場合は、プロに頼んで身辺調査を行なうという方法があります。

探偵会社や興信所に調査を依頼する前に、自分でチェックしてみたいと考えているなら、次の3つのポイントを押さえておいてください。

チェック1・子供が多い?

結婚詐欺行為を働いている男性は、過去に複数の女性を妊娠させている可能性があります。

娘さんの結婚相手となる男性の子供の有無や婚姻歴を戸籍謄本でチェックしてみましょう。

戸籍謄本には、結婚歴や離婚歴が記載されているので詳細を調べることができます。

ひとつ注意したいのは、悪質な詐欺師の場合、戸籍からその事実が発覚しないように工夫しているという点です。

例えば、転籍や分籍、除籍という方法で、婚姻・離婚歴を見えないようにしている可能性もあります。

こうしたトリックを見破るためにも、戸籍謄本の「転籍」「分籍」「除籍」に注目してください。

チェック2・口が上手い?

結婚詐欺師は、口が上手い人が多いという特徴があります。

話をしていても次から次へと説得力のある作り話が口から沸いて出てきます。

「ボクは会社を経営している」「事業が成功し多額の年収がある」などの作り話は詐欺師の常套手段です。

中には自らが嘘をついているということすら忘れ、まるで真実であるかのように嘘を並べ立てる人もいるようです。

もしも娘さんの結婚相手が結婚詐欺師であれば、その話が真実か嘘は冷静に考えれば即座に分かるはずです。

なぜなら、相当儲かっているなら「急に業績が悪化したためにお金が必要」などとお金を要求したりはしないはずはないからです。

通常なら少し落ち着いて考えれば分かることなのですが、恋愛状態になっている女性にはその嘘を見破ることができない場合もあります。

身辺調査でその嘘を見破るには、「住民税の支払い」を調べるといいでしょう。

住民税とは、過去1年間の所得に対する税金のことを指します。

現在、会社の業績が悪くても、過去の住民税の支払い状況には何ら影響しません。

結婚詐欺を働く人の多くは税金の支払いを疎かにしているようです。

去年まで多額の収入があったはずなのに納税が滞っているなら、娘さんの結婚相手の素性を疑ってみましょう。

住民税の支払い状況を調べるには、相手の住所のある区域の税務署で納税証明書を入手してください。

納税証明書の取得は第三者でも委任状があれば可能です。

チェック3・裕福そう?

結婚詐欺師には、一見裕福そうな雰囲気を漂わせているという特徴があります。

高級なスーツや腕時計などを身に着けている男性に対し、あまり世間を知らない女性は簡単に騙されてしまう場合があるようです。

その相手が本当に裕福かどうかは、素行調査や聞き込みで素性を明らかにして確認してください。

相手の現住所周辺の聞き込み、同僚や友人からの聞き込み、実家の家族構成などを調べ、どのような素性の男性なのかを正確にチェックしましょう。

素行調査では対象となる人物の人となりが分かりますので、ある程度の生活レベルも調べることができます。

以上の3つのチェック方法で、娘さんの結婚相手が結婚詐欺師なのかどうかを判断できるでしょう。

といっても一般の個人が尾行や張り込み、聞き込みを行なうのは容易ではいりません。

個人で調査を行なうやり方に不安を感じたら、迷わず探偵会社や興信所の力を利用することをオススメします。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事