menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

結婚相手の身辺調査・素行調査でマリッジブルーは解消できる?

身辺調査・素行調査でマリッジブルーは解消できるか

結婚式の準備を始めたとたん、急に不安で胸が苦しくなるなど情緒不安定な状態になることを「マリッジブルー」といいます。

マリッジは結婚という意味、ブルーとは憂鬱(ゆううつ)になるという意味です。

このようなマリッジプルーも、結婚前の身辺調査や素行調査でその状態が軽減できるといわれています。

マリッジブルーとは?

結婚直前になると突然起こる抑鬱状態を「マリッジブルー」といいますが、特に女性に多いのが特徴的です。

ハッピーなはずの結婚式や披露宴を前にしても、心が晴れ晴れしなかったり、何となく不快な気持ちになるのがマリッジブルーの症状です。

その主な原因となるのが「本当にこの人と結婚していいのだろうか」「本当に幸せになれるのだろうか」という不安感といわれています。

マリッジブルーのきっかけ

マリッジブルーになるきっかけとして多いのが、婚約者との信頼関係が崩れるという現象です。

結婚の話を進めていくうちに、パートナーとのギャップを感じると「この人を信頼して結婚していいのだろうか」という気持ちが芽生えてくるといいます。

そのきっかけとなるのが次のような現象です。

  • 金銭感覚のズレや価値観の違いにいらいらした。
  • 式の内容に対し婚約者の母親や親族がケチをつけてきた。
  • 二人の問題なのに結婚式の準備を自分にだけ押し付ける。
  • 両親や家族との同居のことを婚約後に初めて聞かされた。

結婚前のあわただしい時期に上記のような事態に直面すると、しっかりと向き合うことができずにブルーな状態になってしまうわけです。

このような事実は、結婚前に身辺調査や素行調査を行っていれば、もっと早い時期に気付くことができたでしょう。

解決策は結婚前の身辺・素行調査

マリッジブルーの原因となるのが「期待していたのとは違った」「こんなはずではなかった」という心理です。

このようなギャップ感は、結婚前に相手の身辺調査や素行調査をしていれば防げたはずです。

婚約者の金銭感覚についてはデート時のお金の使い方などで判断することもできますが、あなたの知らないところでまったく違う一面を見せている可能性もあります。

金銭感覚のズレや価値観のズレはマリッジブルーの原因になりやすいので、調査を依頼する際にはしっかりとリクエストしておきましょう。

例えば職場の同僚や友人の前では見栄をはるようなお金の使い方をしている、持ち合わせがないのに借金をしてまで欲しいものを手にいれる、予算がなくてもやりたいことを我慢できない等、あなたの知らない婚約者の姿を身辺調査で知ることができるかもしれません。

お金の問題以外にも、家族や親族との関わり合いでマリッジブルーになる人もいます。

結婚式のしきたりをめぐって親族に口うるさく駄目出しをされたり、新婚旅行の場所について相手の家族に口出しされるなどの原因でブルーになる例もあるようです。

家族や親族に関することは婚約者の口から聞き出すことはとても難しいため、結婚直前に気付いてショックを受ける人も少なくありません。

結婚に際して家族や親族との関係が上手くいかないと、結婚相手との関係が気まずくなる例も多いため早めに対処しておく必要があります。

こうした相手の家族や親族についても、身辺調査で事前にいろいろな情報を得ることができます。

口うるさい家族や親族はいるのか、嫁姑問題が起こりやすい状況なのか等、結婚前に明らかにしておくといざというときに対処しやすくなります。

身辺調査や素行調査を行うと、比較的リーズナブルな費用で不安を払しょくできますので、ぜひ一度試してみてはどうでしょうか。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事