menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

男だって危険!?マリッジブルーの危険サインと乗り越え方

男のマリッジブルーの危険サインと乗り越え方

知っていますか?
男性でもマリッジブルーになるということを。

結婚が決まった途端、底知れぬ不安に苛まれている。なんだかいつものような調子が出ない。力が出ない。将来に不安を感じている。

それは、「マリッジブルー」かもしれません。
症状のレベルやタイミングによっては、結婚が破談になったりと、最悪の事態を招くこともあります。

独りで抱えこまず、少しでもこれらの症状に心当たりのある方は、その原因を突き止め、悩みを取り除くようにしてください。

マリッジブルーとは?

結婚だけが、人生のすべてではありません。
が、結婚によって、これまでの人生が一変することは紛れも無い事実です。

そのため、さまざまな不安が一度に襲い掛かり、情緒が不安定なるのは仕方ありません。
「僕の結婚相手が本当にこの人でいいの?」という不安を感じるマリッジブルーの場合は、楽しそうに着々と結婚式の準備を進めている彼女に不満を感じ始め、欠点ばかりが目に付くようになります。

その気持ちが膨らんでしまうと、少しの時間を一緒に過ごす事さえも嫌になります。
また、将来に不安を感じたり、結婚という責任の重圧に耐えられなくなるマリッジブルーの場合は、親族、ご両親と会うたびに気分が悪くなる、子供の話やマイホーム、同居の話をされると、結婚そのものが嫌になります。

男性の場合、プロポーズ直後にマリッジブルーになりやすい傾向にあるので注意が必要です。
また、結婚が決まった途端、女性主導で、結婚式の準備を進めている姿に息苦しさを感じ始めるので、大変危険です。

マリッジブルーを乗り越える方法

マリッジブルーは、「変化」に対する無意識の体の反応です。
一時的な症状で、決して結婚相手を心から嫌いになったわけではありません。

しかし、タイミングや相手の言葉、態度によっては、結婚そのものが破談となり、大切な彼女を失ってしまうケースも少なくありません。

最悪の事態を避けるためにも、イライラ、不安、気分の落ち込み、結婚生活への不安、不満を感じるようになったら、すぐにケアする必要があります。

もっとも良い方法は、結婚相手の彼女と、二人だけで時間をかけてよく話し合いをする事です。
家族や結婚式のプロのアドバイスを聞く事も大切ですが、ここは一つ、第三者を介入させず、二人が、あなたがどうしたいのかをよく話し合う事が重要です。

あなたの本当の気持ちを彼女にぶつけて、すっきりとした気持ちで結婚に進んでください。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事