menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

愛を深めるための彼女との「正しいケンカ」の仕方!

愛を深めるための彼女との正しいケンカの仕方

結婚する前に知っておきたい事、それは「正しいケンカの仕方」です。
どんなに愛し合っている二人でも、長く一緒に過ごせば、壮絶なケンカになる事もあります。

それは、1回や2回どころではありません。
1日に何回も、1年に何百回とケンカをする夫婦もあるでしょう。

ケンカの状況によっては、離婚問題に発展する事もあります。
ただ、「正しいケンカ」の方法さえ分かれば、二人の関係をグッと深めるスパイスになる事は明らかです。

ここでは、結婚後、何度となく経験するであろうケンカを、二人にとって「良いスパイス」にするための方法を紹介します。

方法1・感情的にならない

 

正しいケンカでもっとも重要なポイントは、感情的にならない事です。
ちょっと難しいかもしれませんが、「冷静に、冷静に」という気持ちを常に意識するだけで、感情的な気持ちは抑えられます。

どんなに深く愛し合っている二人のケンカであっても、発せられた決定的な言葉は、無かった事にはできません。

後悔する前に、「あっ、このままではダメだ」と感じたら、気持ちが落ち着くまで、一時休戦するなどの対応をとりましょう。

方法2・相手の言葉を聴く

最悪のケースに陥ってしまうケンカは、相手の意見を全く聞かない状況です。
最終的に解決したいケンカであれば、相手が何を考えているのか、聞かなければいけません。

あなたが、口を閉ざし、一通り相手の言葉に耳を傾ける姿勢を見せれば、おのずと相手も、あなたの意見に耳を傾けてくれます。

「聴く」姿勢を忘れないようにしてください。

方法3・素直になる

ケンカの最中に「あれ、これって俺が悪いかも・・・」と気づいても、素直に認められない事って多いですよね。
でも、素直になれない自分に何のメリットもありません。

無意味なケンカを長引かせないためにも、悪い事は悪い、間違っている事は間違っていたと、早めに認めましょう。

方法4・ケンカのルールを話し合う

正しいケンカの方法が分かったら、それを結婚の前によく話し合ってください。
ケンカのルールをまとめて、表にするのもいいかもしれませんね。

なぜなら、いくら正しいケンカの方法が分かっても、頭に血が上っているケンカで、自分の感情をコントロールするなんて難しい事ですよね。

でも、目に見える場所に、「正しいケンカの方法」という表があれば、少なからず冷静さを保てるきっかけになるかもしれません。

また、血が上ったら、「一時休戦!」「コーヒーブレイク!」など、二人だけの合図を作りましょう。
日々行われるであろう、夫婦のケンカが愛を深めるスパイスになるためにも、結婚前から取り入れておくようにしてください。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事