menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

彼女と結婚する前に絶対やっておきたい「もしも」の話

結婚する前に絶対やっておきたいもしもの話

こんなはずじゃなかった・・・。
離婚を決意する女性のほとんどが、理想と現実のギャップにショックを受けています。

その原因は、女性が、結婚生活に予想以上の「夢」や「憧れ」、「ハッピー」を思い描いているからです。
しかし、結婚生活はそんなに甘くはありません。

どんなに万全の準備をしても、予想しない最悪の出来事が、次から次へと発生します。
それが、結婚生活・夫婦というものです。

それを乗り越えてこその先に幸せな生活が待っているのです。
そんな、甘い夢物語ばかりを想像している女性の考えを、打ち砕くためにも、もしもの事態にどんな風に接してくれるか、今のうちにしっかり確認しておきましょう。

もしも僕がリストラされたらどうする?

結婚したら、私の人生バラ色と思っている女性にとって、その質問は、酷です。
しかし、不景気と言われる昨今、だれの身に降りかかるか分からないリストラ。

リストラに限らず、倒産、転職、仕事でのミス、などが発生すると、その途端に収入は途絶え、生活は窮地に陥るでしょう。

「そんなのありえない」「リストラなんて絶対に許さないから」という女性とは、結婚はしないほうがいいでしょう。
それよりも「私も手に職をつけるわ」「いつ辞めても大丈夫」など、心強い言葉が聞けると安心して結婚できそうですね。

もしも僕が浮気したらどうする?

浮気、不倫の問題は、定期的に話し合っておくのもお勧めです。
浮気や不倫は、相手の信頼を裏切る行為ですから、本来は絶対にやってはいけません。

ただし、頭ごなしに「浮気をしたら即刻離婚、別れるわ」という言葉を言われるよりも、「あなたが浮気したくならないよう私も努力するわ」と、言ってくれる女性の方が安心ですよね。

結婚後も、「女」としての努力を惜しまず頑張ってくれそうです。

もしも同居したいっていったらどうする?

結婚前に、「同居」の話をするのはとても大切です。
同居によって、離婚する夫婦も多いのですから、慎重に話し合いましょう。

きれいごとだけで簡単に出来るものではありません。
また、同居に自信がある人でも、実際に同居生活が始まると、性格が変わり、夫婦関係に大きな亀裂を生んでしまう危険性もあります。

結婚前の「もしも・・・」は、結婚後高い確率で現実のものとなります。
だからこそ、結婚前の二人は、あらゆる「もしも」を想定して、定期的に話し合いの場を設けましょう。

「もしも僕の容姿が変わったら?」「もしも僕が病気なったら?」「もしも僕が単身赴任したら?」「もしも僕が脱サラしたら?」など、色々なもしもを想像してください。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事