menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

リアルな結婚ってこんな感じ!結婚前に知っておくべき結婚後の現実

結婚前に知っておくべき結婚後の現実

結婚生活は、まるで夢のような時間ばかりが過ごせる・・・と思っていませんか?
ドラマや映画のような結婚生活は、まず現実ではありえません。

それ以上にドラマティックで、大変な事件が勃発します。
予想をはるかにこえて、苦労と苦悩、辛い事の連続です。

ここでは、結婚前に知っておいて欲しい、リアルな結婚生活を紹介します。
実際に結婚している方からの体験談を色々とまとめてみました。

この真実を知ってもまだ結婚したいですか?
自分自身の気持ちにもう一度問いかけてください。

証言その1・食事の間中会話がありません

結婚当初こそ、夫婦二人の食事は、楽しく、笑い声も耐えないステキな時間をすごしていましたが、次第に食事の間の会話は減りました。

夫は、テレビや新聞を読んだり、本を片手に食事したりと、全く会話はありません。
それでも用意した食事は、残さず食べてくれますし、一言「ご馳走様」「美味しかった」という言葉をかけてくれます。

それだけで満足です。
夫婦とは、食事の間だけでなく、日常的な会話は少しずつ減ります。

それでも、何か目に見えないものでつながっている感じはあります。
それだけで十分幸せだと思えなければ、結婚生活は続けられません。

証言その2・セックスの回数が減りました

セックスの回数は減ります。
年齢的な問題もありますが、四六時中同じ屋根の下で生活しているので、ときめきやドキドキ感が少なくなるのが原因です。

また、以前のようなスタイルや若さをキープするのも難しいので、夫に長く愛されるには、女としての努力は絶対に必要です。

基本的なことは、やはり無駄な脂肪をつけないよう運動や食事に気を使う事です。
また、夫に新しい刺激を与えるため、下着や部屋の雰囲気に工夫を凝らすなどの努力も必要です。

そのほかにも、夫の精力を高めるため、食事に気を使う事も必要です。
浮気をされず、私一人だけを見ていてもらうには、結婚後の相当な努力が必要です。

証言その3・リストラされ、生活が火の車です

結婚3年目で、夫がリストラされました。
だからといって、夫を見捨てるわけにもいきません。

また、リストラで一番ショックを受けているのは、夫です。
仕事を失い、やる気を失っている夫を、今は私が支えなければいけません。

これまで以上に厳しい生活になるのは明らかですが、それでも夫婦である事には変わりありません。
「健やかなるときも病めるときも・・・」この誓いの言葉を守れますか?

以上は、現実の結婚生活で起こることで、何もめずらしいことではありません。
結婚前にその事実を知っておくことで、結婚相手の択び方や結婚前にできる事がおのずとわかってくると思います。

目を背けず、リアルな結婚生活を把握してください。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事