menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

男が離さない嫁!実現に向けた結婚前の花嫁修業

実現に向けた結婚前の花嫁修業

今の彼と結婚したい、もう少しで結婚が決まりそう!という女性は、今のうちに妻になる準備をしておきましょう。
ここでは、男性が「こんな女性は最高だ」「こんな人を嫁にしたい」と心から思われる女性になるための花嫁修業を紹介します。

結婚目前で「やっぱりお前とは結婚したくない」と思われないためにも、努力してください。

料理

とびっきりの美人でも、完璧な性格の持ち主でも嫁としては不十分。
男性を本気でノックアウトしたいなら、人間の根源的である欲求すなわち、「性欲」と「食欲」を制しなければいけません。

中でも、「食欲」は、毎日のことですから、結婚までに完璧に腕を上げておきましょう。
しかし、ただ、料理の腕を上げればいいというわけでもありません。

男性が結婚相手を決める際に無意識に基準としているのが、「母親」、そして「お袋の味」です。
彼のお母さんから、こっそり、彼の大好きな料理のレシピを聞きだし、それを上手に作れるようにしてください。

そうすれば、結婚相手として高い評価を得られるはずです。

裁縫・アイロン

裁縫やアイロンも、できる女に越した事はありません。
手先の細かい作業をスマートにやりこなす女性は、あらゆる男性からの評価が高くなります。

「週に1回まとめて、クリーニングに出しちゃえばいいじゃん」と考えず、出来る範囲の衣類は、自分でサッとアイロンかけと、裁縫ができるように修行しましょう。

掃除・洗濯

最近とても増えているのが、掃除や洗濯ができない女性です。
それと同時に、男性の潔癖症も増えています。

このようなこと考えると、掃除や洗濯が出来ない女性は、結婚相手として選ばれにくい傾向にあります。
もしも、いまお付き合いしている彼との関係が、ひとつ結婚へと進まない場合は、あなたの掃除洗濯などに問題があるのかも知れませんよ。

将来の奥様として選ばれるためにも、最低限の掃除、洗濯くらいは結婚前までに、ちゃんとできるようにしてください。

節約

一家の家計を預かる妻は、節約術に長けていなければいけません。
夫から預かった毎月の生活費を、ただなんとなく使うのではなく、出来る限りムダを省き、必要なところに回す。それが本当の節約です。

例えば、水道光熱費のムダを省く、安価で美味しい手料理を作る、100円ショップのアイテムを上手に使いこなすなど、さまざまなシーンでムダを省く事が出来ます。

それを結婚以前から、できるようにしておきましょう。
一人暮らしの方は、結婚後の生活を予想しつつ、まずは、光熱費のムダ、食費のムダをどれだけ節約できるか挑戦してみるといいでしょう。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事