menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

医療保険や生命保険って結婚前?それとも結婚後の加入がおススメ?

医療保険や生命保険の加入のお勧めは結婚前か結婚後か

結婚前にしておきたい準備の一つに「保険」があります。
ここでは、女性が「保険」に加入するタイミングなどについて紹介します。

結婚前に、保険の事を知っておく事は結婚後の生活に大きなメリットをもたらします。
この機会にぜひ保険のことを深く考えてみてください。

加入のタイミングを教えて!

女性がいつ、どのタイミングで保険に加入するのがベストなのか。
ただし、保険といっても、各商品で目的が異なるので、保険別で加入のタイミングを紹介します。

その前に、保険は、加入年齢が若ければ若いほど保険料が安く、条件や制限がクリアしやすいという事を覚えておいてください。

逆に、1歳年齢を重ねるだけで、保険料は、数千円単位ではねあがり、場合によっては、保険会社によって、加入を拒否されるケースも珍しくありません。

以上を踏まえた上で、結婚前、結婚後、どのタイミングで加入すべきかを紹介します。

医療保険の場合

医療保険とは、病気やケガをした場合にかかる医療費を保障する保険です。
つまり、自分を守るもので、家族、もちろん夫のための保険ではありません。

ですから、医療保険は、未婚、既婚に関わらず、1日でも早い加入がベスト
さらに、医療保険に含まれる妊娠、出産に関わる保障は、結婚後と結婚前とでは、加入条件に大きな違いがあります。

結婚後は、妊娠、出産と病院に関わる事が増えると予想されることから、保障の内容にさまざまな制限がつきます。
加入のタイミングによっては、十分な保障が受けられないケースもあります。

一方、妊娠、出産の機会が少ない、と判断される結婚前加入の場合は、安い保険料で十分な保障を備えた医療保険に入りやすいメリットがあります。

生命保険の場合

次に生命保険の加入のタイミングについてですが、生命保険は、通称死亡保険。
自分が死んだとき、残された家族のことを考えた保険です。

しかし、生命保険は、夫婦の形によって加入の意味が全く異なります。
例えば、子供がいない共働きの夫婦の場合、先に夫を亡くしても、遺族年金を受け取る事もできますし、働きながら収入を得る事も出来ます。

ただ、貯金が一切ない場合は、お葬式代くらいは、まかなえる位の保険には加入しておきたいですね。
子供がいる専業主婦の場合は、夫のみの生命保険加入で十分な保障が受けられると予想できます。

その他、財産や貯金等で、十分な保障が確保できるという場合も、生命保険の加入に急ぐ必要はありません。
生命保険は、あなたが亡くなった後、残されたものに対する保障なので、結婚後に夫と相談して加入するといいでしょう。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事