menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

彼女との円満な結婚生活を続けるのに必要な結婚前の話し合い

円満な結婚生活を続けるのに必要な結婚前の話し合い

結婚前の同棲生活はとても大事と言う事は、よく知られています。
育った環境が異なる二人が「夫婦」になったからといえ、すぐに上手くいくはずは無いのです。

価値観の違い、食の違い、時間のズレ、趣味思考の違いなどから、スピード離婚するケースも珍しい事ではありません。

そこで、離婚のリスクを減らすためにも、結婚前の「話し合い」の機会を設けるようにしましょう。
ここでは、結婚前にどんな話をした方がいいかを紹介します。

相手のホンネを洗いざらい聞き出し、円満な夫婦生活を続けるためのヒントにしてください。

その1「お金」の事

一般的には、主婦が家計を預かり、管理するという流れになります。
しかし、近年共働きの夫婦も多く、それぞれにしっかりとした収入があった場合は、問題です。

互いの貯金の事、今後の支払い事、ボーナスや臨時収入、生活費にローン、養育費などあらゆることを想定した上で、お金について話す必要があります。

ちなみに、離婚率が高いのが、夫がすべての現金を管理し、生活費の一部を妻に毎月渡す、という方法です。
妻は、夫の収入の一切を把握できない、何に使っているのか、分からないという不満、不安から離婚に至るケースが多いのが実態です。

結婚までに互いの給与、ボーナスなどを含め、すべての収入をうちあけ、今後どのように管理するべきかをはっきりとさせましょう。

その2・「同居」の事

「同居」も離婚のリスクを高める問題の一つです。
愛する男性のご両親の事を大切に思うのは当然の事で、「私ならきっと同居は上手くいく」と安易に考えている女性が多いのも事実です。

しかし、いざ蓋を開けてみると、想像を絶するような女のバトルが繰り広げられ、その間に入った男性が辛い目にあうのもしばし・・・。

だからこそ、もう一度「同居」について二人でよく話し合いましょう。
それでも不安な場合は、お試し同居を実行してみるのはいかがでしょうか。

結婚前にできれば1ヶ月ほど、実家でご両親と生活をしてみましょう。
家とは、心身をリラックスできる唯一の場所です。

嫁姑問題で、家の中の雰囲気が悪くなると、行き場所がなくなってしまいます。
そうならないためにも、結婚前に嫁姑関係をよく把握しておくようにしましょう。

その3・「子供」の事

結婚=子供ではありません。
子供が欲しくない、ずっと二人だけで生活したい、という考えを持つ夫婦もいます。

ただ、片方が「子供が欲しい」と強く願っているのに、もう片方が「いや、私は欲しくない」「子供が出来ない体だ」という場合は、問題です。

それが原因で浮気、不倫、離婚という残念な結果になる事もあります。
それを避けるためにも、結婚前に、互いの気持ちを知っておきましょう.

子供が欲しいのか、何人欲しいのか、子供が出来にくい場合は?出来ない病気を抱えている。など、子供に関する問題をすべてクリアにしておきましょう

結婚して、夫婦になる、と言う事は、ただ「好き」や「愛している」だけでは、上手くいきません。
些細な事がきっかけで、憎しみ合う関係になることもまた、珍しくありません。

円満な結婚生活をこの先もずっと続けて行くためにも、結婚前に出来る限りの話し合いをしておくようにしましょう。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事