menu

結婚相手に不安がある人の為の【結婚準備】

結婚前契約って何?結婚のリスクが軽減できる大切な契約

結婚前契約とは

近年注目されている「婚前契約」
ある芸能人が、公表したことから、注目されています。

「婚前契約」は、一見、男性を縛り付けるようなイメージが強く、ほとんどのカップルが敬遠しているようですが、実は、内容次第では、離婚率を軽減するとても有意義な契約です。

今回は、今話題の「婚前契約」について紹介します。
円満な夫婦を、そして離婚率を軽減したいと真剣に考えている方は、結婚前に彼と「婚前契約」について、話し合ってみてはどうでしょうか。

婚前契約とは

簡単に言えば、結婚をする前に、「結婚に関する取り決め」をした内容を契約し、それを作成しておく事を言います。
結婚契約書、婚前同意書、など呼び方は色々とあり、日本ではまだまだ一般的とはいえませんが、海外では、ハリウッドスターやセレブなど、多額の財産を所有するカップルの結婚前に当然のごとく交わされている契約です。

「婚前契約書」は結婚後のリスク管理に必要?

これまでは、「夫婦財産契約書」という内容で、多額の財産を守るために必要とされた契約が交わされてきました。
しかし、婚前契約は、財産以外の内容も記載できるのが特徴的です。

例えば、浮気や不倫をした際の取り決め、お金の管理方法、同居や、互いの両親の介護の事、子作りに関する内容や育児・教育面、家事に関する事など、あらゆる内容を話し合い、契約書としてまとめる事が出来ます。

結婚前に契約しておくことで、結婚後、万が一その契約が守られなかった場合でも、契約書の内容にそって、問題解決に努める事が出来るため。スムーズな解決が期待できます。

また、事前に契約していることを簡単に破る事ができない、破るにはそれ相当な覚悟が必要だ 、と自分自身への言い聞かせや歯止めにもつながるのです。

浮気性や不倫が心配な彼に対しては、かなりの効力が働き、それが原因による離婚率の軽減につながるでしょう。

単なる約束ではダメ?

しかし、婚前契約は単なる約束だけでは、意味がありません。
万が一のとき、正式な書類としての効力を与えるためには、公証人役場などで、「公的な書類」として認めてもらう必要があります。

そのためには、多少費用はかかりますが、弁護士などプロに作成を依頼するようにしましょう。

契約書に記載する内容は?

婚前契約でのせるべき項目は、夫婦で自由に決める事ができます。
ただ、離婚というリスクを軽減するには、以下の内容がお勧めです。

一つは、離婚、浮気をした場合の具体的な取り決め。二つ、同居の有無に関する取り決め。三つ、お金の管理に関する取り決め。四つめは、子作りや養育に関する取り決めなどを最低限盛り込むようにしましょう。

その他にも実際に婚前契約書に記載されている内容には、夜12時を過ぎて帰宅しない、風俗へ出入りしない、不妊治療は最大5年間だけとする、年収は、500万を下回ってはダメなど、カップルによって決める内容はさまざまです。

離婚の原因となりそうな問題をピックアップして、今のうちによく話し合い、契約書として残しておくようにしましょう。

結婚相手に「不安が無い!」と言い切れない方

  • 信用しているけど、「真実」をもっと知りたい!
  • 相手の過去を知りたいけど、話してくれない!
  • 自分に隠れた、裏の顔があるかもしれない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事をご確認ください。
結婚相手への不安を解消するために行うべきこと

関連記事